ニュースコラム

AVの強要はあるのか? 法的根拠に基づく統計

投稿日:

AV(アダルトビデオ)と言えば大きな需要があり、動画が主流となってからは勢いを取り戻した娯楽産業です。

VHSが普及したのもアダルトビデオが大きく関与して、ビデオデッキの生産が終了してもなお、当時の名残から動画コンテンツになってもAVは「アダルトビデオ」とも言われます。

そんなAVですが、ネットで色々な情報が手軽に入る様になった現代では「顔バレ」で弊害が出ています。

AVの販売が停止になる理由とは!?

AV業界の改善に取り組む団体「AV人権倫理機構」は、2018年11月16日に都内で活動報告会を開きました。

AV作品の販売停止申請を行った2月20日~10月31日までに、販売停止になったAV本数は1635本と発表しました。

この内訳でAVへの出演を強要されたのは「6本だった」とのことです。後は家族や親類・友人知人からの顔バレや結婚等が多数を占めていたことです。

よく借金のカタのAVに出演するというのは少ない様ですね。どちらかと言うと借金で沈められるのは風俗ようですね。

これについては色々な意見があると思いますので、割愛しますが簡単にまとまったお金が手に入る世界ですね。

無修正動画の闇…

よく無修正動画サイトがあります。

これは会員にならないと動画が見れないのですが、その会員という敷居とモザイクありのAVサイトとのニーズの違いがあるために、無修正動画に出演してバレてしまうケースもあります。

2016年には東京都世田谷区内の小学校で非常勤音楽講師を務める女性が無修正動画に出演していることがバレました。

これは「わいせつ電磁的記録媒体頒布幇助」の疑いでの逮捕から真相が明らかになりました。

2018年には現役のイメージビデオに出演してバスト1Mを強調していた新人グラドル「新木環奈」さんが無修正動画に出演していた事をツイッターで指摘されてツイッターを閉鎖しました。

このようにAV界はイメージビデオも含めて闇が深いです…

AVが半額になる魅力のサイト!

そんな闇深いAVですが、やっぱり男子諸君にはないとならないコンテンツですよね。

一般的にアダルト動画と言えばFANZAが有名ですが、FANZAよりも半額になるサイトがあるんですね。

もちろん正規品ですし、何とあの有名企業と提携しているサイトなんですよ。

その詳細はhttps://365-av.com/から見ることが出来ますよ!

  • この記事を書いた人
フリーマガジンBY

フリーマガジンBY

性犯罪・痴漢犯罪・アダルトに関する話題などをまとめたサイト「性犯罪フリーマガジン」です。
世の中には大胆で驚くような性犯罪に満ち溢れています。変態大国日本の性事情をご紹介!

-ニュースコラム

Copyright© 性犯罪フリーマガジン , 2018 All Rights Reserved.