強制性交等罪

現代の綾瀬コンクリ事件に発展しそうになったレイプ事件

更新日:

レイプの強姦事件と言えば、単独犯か大学生のサークルで悪酔いさせてレイプするという事件が多かった昨今です。

最近では、元柔道の金メダリスト「●柴正人」氏や、元芸能人「●畑裕太」氏を思い出します。

今回のレイプ事件は何と、8人の男で1人の女性を襲ったレイプ事件です。

まさに1988年(昭和63年)~翌年に起こった「女子高生コンクリート詰め殺人事件」を彷彿とさせる集団レイプ事件です。

それが富山県富山市で起きた事件になりますよ。

2018年6月11日に強制性交等の疑いで富山県警に逮捕された8人です。

女性を男8人で約2時間の集団レイプ!

10日(日曜日)午前4時頃、富山市内の繁華街の路上で男性数人が、お酒を飲んで帰宅途中だった女性たちに「もう一軒行こう」と声を掛けます。

一緒に飲食店に入り夜が明けた早朝6時前に、その内の女性に1人に「家まで送ってあげる」と言い、そのまま仲間の1人が住むアパートへ連れて行きました。

そのまま部屋へ連れ込んで集団で暴行された後の8時頃に解放され(逃げ出したという報道もあり)携帯電話で集団暴行を受けたと110番をしました。

その後、駆け付けた捜査員が付近にいる数人の男を発見し職務質問を行います。

一部容疑を認めたため、現場を離れていた男達にも任意同行を求めほぼ半数が容疑を認め、残りは同意があったと否認しているいう事件です。

第2の女子高生コンクリ事件にならなくて良かった…

このままレイプ事件が発覚しない様に、女子校生を監禁してコンクリート詰めにしたあの事件の二の舞にならなくて良かった事件でした。

犯行がバレないと思ったのでしょうか?

それとも本当に輪姦レイプという認識がなかったのでしょうか?

どういう言い訳をしてもAVじゃないのに、1vs8はさすがに常識の範囲ではありませんね。

そして今回の極悪非道な男達8人がこちらです。

※ 写真は「松本浩之」のフェイスブックより

強姦事件

左から富山県射水市の会社員「村中圭介31才」悪ノリしそうな東南アジア系の顔つきです。

真ん中が、富山市の無職「上谷知也30才」爬虫類顔が気持ち悪く"市橋達也"にも似たキモさです。

右が射水市の会社員「松本浩之30才」細目がキモいです。

射水市の会社員「村中圭介31才・堀下峻30才・郷倉郁也30才・後田知之30才」富山市の会社員「土林礼征27才・端保貴大25才」の会社の同僚・知人・同級生の集まりだったと言います。

25才で一番年下の「端保貴大」は既婚者で子どもが2人います「嫁も辛そうで大変なことをした」と取材に応じた父親です。

こんな輩がたくさんいる会社ってどんな会社だったのでしょうか…

実録レイプ
実録!連続拉致強姦事件の映画「ら」

自らの実体験を元に、連続拉致強姦事件の最初の被害者になった「水井真希」が初監督を務めた「映画ら」です。 水井真希は、1990年8月10日生まれ「グラドル・女優・脚本家・映画監督」です。 映画監督「西村 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
フリーマガジンBY

フリーマガジンBY

性犯罪・痴漢犯罪・アダルトに関する話題などをまとめたサイト「性犯罪フリーマガジン」です。
世の中には大胆で驚くような性犯罪に満ち溢れています。変態大国日本の性事情をご紹介!

-強制性交等罪

Copyright© 性犯罪フリーマガジン , 2018 All Rights Reserved.